皆さんは枕を洗ったりメンテナンスしていますか?

自分に合った枕とは長いお付き合いにしたいもの。だからこそ定期的に枕のケアを行う必要があります。

枕には目には見えないダニや寝汗、頭皮の皮脂汚れなどがしみ込んでいます。

ここでは「枕の洗い方と普段のお手入れ方法」をご案内しておりますので、是非お役立てください。





枕の本体ユニットなど、洗濯機では洗えないものもあります。洗濯表示には、取扱うための大切な情報を記入しています!

初めて洗うときは、必ず確認しておきましょう。




洗濯表示では、下の参考例のように7種類の図柄がつけられます。

1.洗濯処理記号

2.漂白処理記号

3.タンブル乾燥乾燥記号

4.自然乾燥(干し方)乾燥記号

5.アイロン仕上げ処理記号

6.ドライクリーニング処理記号

7.ウエットクリーニング処理記号

*タンブル乾燥・・・機械の中で洗濯物を回転させながら温風で乾燥する方式。
*ウエットクリーニング・・・有機溶剤を使わずに、専門家による特殊な技術で行う水洗いのこと。




記号について詳しくは下記消費者庁ホームページでご確認ください。





1.洗濯の際はファスナーを閉め、洗濯ネットに入れてから洗濯してください。

2.洗剤をご使用の際は、弱アルカリ性洗剤や中性洗剤を使用し、漂白系の洗剤は使用しないでください。

3.干す際は形を整えて干してください。色褪せの気になる場合は、陰干しまたは裏返して干してください。

4.乾燥機、アイロンのご使用はお止めください。



1.洗濯の際、ユニットにファスナーがついている場合は、ファスナーが閉まっていることを確認してください。

2.手押し洗いにて洗濯してください。

3.脱水機のご使用はお止めください。

4.中わたの片寄りを防ぐため、形を整えて平干ししてください。

5.洗剤の使用は出来るだけお止めください。汚れが気になる場合は薄めた洗剤を布につけて拭いてください。





ヘタりを防ぐために、定期的に中材のお手入れを行うことをオススメします。

メンテナンス方法としましては、各ユニットを全て本体カバーから取り出し、天日干しを行ってください。

また各ユニットを本体カバーへ収納する前に、両手で よく揉みほぐし空気を送り込んでください。

そうすることで、中材に空気が入り復元しやすくなります。

表示切替:
10件中1件~10件を表示

商品一覧

10件中1件~10件を表示

ページトップへ