店長日記 ~まくらと睡眠と~

2月3日と毎月23日は「不眠の日」

2月3日と毎月23日は「不眠の日」

日本経済新聞に掲載されていた記事をご紹介。

2月3日と毎月23日は「不眠の日」。

睡眠の大切さを啓発する目的で2011年、日本記念日協会に認められた。

日本人の約5人に1人が不眠の悩みを抱えており、50代後半から増える。

たかが不眠症と思いがちですが、高血圧や糖尿病など様々な病気にかかるリスクが増す。

また不眠症が引き起こす病気はこちら、

・慢性的な疲労・・睡眠不足で疲れが取れず、不安やイライラが増す。

・風邪などの感染症・・ウイルスや細菌から身を守る免疫機能の働きが低下する。

・生活習慣病(糖尿病、高血圧)ホルモン分泌のバランスが崩れ、血糖値が上がったり、血圧が高くなったりする。

・肥満・・食欲を抑えるホルモンが減って食欲が増し、太りやすくなる。

・精神疾患(鬱病など)不眠症がきっかけに鬱病などになり、その発症で不眠が悪化することも。


『不調に気づかないで放置している人もいる。 睡眠の重要性を認識すべきだ』


国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所などで睡眠を研究してきた白川修一郎氏はこう警鐘を鳴らす。

睡眠は食事や運動とともに健康を維持する大切な要素だが、日本人の意識は低いと言われています。

09年の調査によると、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で日本は韓国の次に睡眠時間が短いとされています。

海外ではかかりつけ医に相談するのに、日本では不眠で困っている人のほぼ半数が相談しないと言われている。

白川氏は一昨年、専門医らと睡眠改善委員会を立ち上げ、啓発活動に取り組んでいる。

たかが不眠とあなどってはいけない。

鬱病との関連性は知られているが、不眠症の人は高血圧や糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクが高まる。

米国の大規模な調査で明らかになっているほか、日本でも同様の結果がでている。


例えば、

床についても眠れない入眠障害がある4,800人は、4年後に高血圧になる割合が普通に眠れる人の約2倍になった。

また電機会社の男性社員約2,600人を対象にした調査でも、入眠障害の人は8年後糖尿病になる割合が約3倍に膨れた。


日本大学の内山真教授は、『あらゆる病気のリスクが高まる』と指摘しています。

睡眠不足が慢性化すると、自律神経やホルモンの分泌といった体内の調節機構そのものが変調をきたすからだそうです。

短時間睡眠を1週間続けると、健康な人でも体内で分泌されるホルモンの1種インスリンに反応しにくくなり、

血糖値が上がることがわかっている。一晩徹夜しただけで血圧は10ほど上昇するという。


不眠症が生活習慣病を引き起こす詳しい仕組みはわかっていないそうですが、不眠症の原因は人によって様々なので、

心当たりのある方は一度、医師へ相談してみましょう。

枕を持って座る男性

2020/2/7

ページトップへ